今日は、スターウォーズ、先週は信長協奏曲を見てきました。

スターウォーズは、お客さんが7人と悠々と見てきました。

しかし・・期待はずれでした。50点でした。ストーリーについては、7作目ということですが・・

差し障りのない点で、言うと・・今回のダークベーダーが、ソロとレイア姫の息子です。

レイという娘が・・1作のダークベーダーの子供時代と同じ、普通の人(女の子)廃品回収を業としている。

展開は、4作目のコピーである。見た人と「がっかりですね~」と声をかけると「私も、そう思います」との返事。

続編を意識した、作品です。・・ワンパターンかも・・。

 それに、反して・・信長協奏曲は、やられたという感じで・・面白い!(歴史に精通している私には)

この作品は、最初から見ていないと・・(テレビで・・)面白さがわからないかも・・。

秀吉、明智(信長・・本物が光秀)、柴田(高嶋)のキャスティングと柴咲コウの濃姫が面白い!

 終わり方が・・さすがである。かつての、大沢と内野のヒストリー並みiである。(仁という題か?)

一見の価値は、あると思います。(私の独りよがりかも・・)

 これから、サッカー観戦です!!!

お休みなさい・・