今年の夏の高校野球は、埼玉の花咲徳栄が、日本一に!!

花咲といえば・・花神・・司馬遼太郎・・大村益次郎・・日本陸軍の父・・

今、益次郎の研究をしています。

 百姓上がりの医者が、日本の軍隊の司令官になる。また、教育の種もまいた人です。

何故人気がないのか??

 これは、小松帯刃同様・・その後の大久保、西郷神話、岩倉も含みますが・・が原因。

また、あまりマスコミ受けするキャラではないのが原因かも。2人とも。

 私は、日本史において「大村益次郎」が残した成果は大きいと思っています。

1、現在の東大、大阪大、早稲田、慶応、日大が出来たのは・・大村の意思を受け継いだ人や
  
  福沢のような、大村と別の道を歩いた人たちで・・形成されて行く。

2、長州征伐での幕府撃退の軍師・・数学の論理を軍事や兵法に取り入れマニアルを最初に作る。

  経営や組織論に於いて当時としては、現代に通じる戦略を登用している。

3、戦争に関しては、自衛のみの戦いに徹し・・侵略戦争は、否定している。医者の治療の発想

4、敗者に対しても、礼を尽くす・・靖国神社は、維新の為に殉じた人を祭ったもので・・侵略戦争犠牲者は
 
  本来、大村の本意ではありません。銅像があるのは、彼が創建したからです。

5、彰義隊との上野戦争の時も、江戸市中が火災にならないような配慮をする人です。

無血開城と・・勝と西郷が、有名ですが・・実は、城の明け渡しまではしましたが・・江戸の治安は、西郷が勝さん

に全権委任の方針でした。しかし、無法地帯に近く(新政府としては)やむをえず、排除の政策を選択した。

 明治政府の実質的な支配は、上野戦争後です。それまでは、幕府の巻き返しを半分の江戸市民が考えていま

した。当時としては、まだ江戸幕府の力を過大に感じているのが自然でした。

 そういう意味では、益次郎無しでは、首都の制圧はできなく・・混沌とした、政治体制のまま・・

新政府の実質的な支配は、その後に全国に知らしめることにとなります。

以上報告まで・・・