カテゴリ: ぶらり紀行!!

 7月30日と31日の2日間・・山代は、燃える~

第21回 山代大田楽 を見てきました。

大田楽とは・・だいでんがくと読みます。

 中世(平安時代末期から室町時代)に全国で大流行し忽然と姿を消した・・芸能「田楽」

田楽は、辛い農作業を癒したり、神に収穫のお礼を豊作を祈る祭りとして自然発生的に生まれた

庶民の祭りと言うか、エンターティメントです。

これに、大陸から入ってきたアクロバット的な動きや物まねやサンバ風の踊り等・散楽と言う概念の芸能が

一体化したものを貴族が都に呼び寄せて、田楽として市民権を得たものです。

 今日の能狂言の元祖と言われております。

これを、山代温泉では、カラスにより発見された開湯伝説にちなみ大田楽としてお祭りとして開催してます。

 私は、招待をされ、見に行きました。20時から21時30分までの1時間半・・あっという間でした。

素晴らしい祭りです。  青森のねぶた以来の感動を貰いました。

 フェスティバルとカーニバルを合体した素晴らしい演出構成に堪能しました。

音と光(自然のたいまつ)と躍動・・そして昔のサーカス小屋を彷彿する大道芸人・・

一度は、日本人の農耕民族の自然発生的な祭りを皆さんに体現して頂きたいです。

 2015年の、ぶらりは・・琵琶湖から始まり・・名古屋、台湾とあちこちに行ってますがな~。

特に、京都は10回くらいかな・・・大阪も、名古屋も、彦根でのゴルフも・・

11月は、大阪から始まり・・10,11月で名古屋、京都、金沢、台湾・・

東京も、・・12月は、横浜のお客さんに会いに行きます。

 写真のアップが出来ずに・・申し訳ありません!

7月には、小樽、札幌、軽井沢・・月に一回は県外に行っていますね~。

 京都も、お友達が待っていますので・・行きますが・・最近は、ホテルが取りにくくなっています。

外人さんの訪日が多いせいです。東京も、そうなりました。

 良いことですが・・マナーの悪い外国人が居るのが寂しいです。

特に、お隣の人たちです。世界一綺麗ないや清潔な日本を守りましょう!

今年は、台湾が・・熱い、暑い!
 
中国、韓国は、行く気がしない・・日本に言いがかりを付ける首脳がいる国には、行きたくない。
 
また、中国は、なんでもアリの・・期限切れの肉を平気で出荷・・コンプライアンスなしの国。
 
その点、台湾は、新幹線も日本製・・安い・・300円で、桃園から台北まで新幹線指定で乗れる。
 
MRTも、日本人に親切・・漢字ですから、機械に弱い私も・・101まで、中山から1人で行けます。
 
また、スマホも駆使して・・埼玉のお嬢さんが、故宮から九份までバスで・・100円。安~。
 
我、想、去~でどこでも、行けますよ~。タクシーも・・
 
しかし・・夏は、暑すぎて・・行くものではありません。富山の方が涼しいです。
 
台湾は、台風で今は大変でしたが・・飛行機事故で・・11月以降は、おすすめのスポットです。
 
私も、完全に1人で行動できるくらいに台湾は、安全です。
 
台北で、いろんな日本人の人と交流をしました。
 
神戸からの家族連れ、寝屋川のOL2人、屋台や空港でおしゃべり・・ホテルのお嬢さんとも・・
 
北投の「加賀屋」も見てまいりました。MRTでは、福岡のお兄さんとも7人連れでしたが会話しました。
 
もちろん、皆初対面ですよ~。
 
とにかく・・日本語が、めちゃくちゃ・・あちこちで聞こえた台北でした。

京都出張の折に・・京都の苔寺に行こうと思いましたが・・予約が必要でした。
 
仕方なく・・車で、隣の鈴虫寺に・・禅寺でした。
 
ここは、なんと・・小矢部・・富山県の、出身の・・なんとか上人が開祖でした・・
 
びっくりしました。富山県出身のお方が開祖とは・・・
 
部屋に通され・・お茶とお菓子が・・また、説明のおじさんが・・面白いお話を・・
 
素、磨、歩のお話が・・印象的でした。スマホにかけてある・・。
 
心を磨き。素のままの生き方。周りを見て歩む・・。
 
スマホを見て歩いては、いけませんとのこと!!!
 
その他、多数のオヤジギャグ・・が多数ありました。
 
鈴虫が、本当に常時泣いていました!!
 
時間がなく、嵐山は次回に!月読寺と松尾大社にも行きました。

5月18日は、台北の観光地・・故宮博物館にて、定番の翠玉白菜と肉形石を見に行きました。
 
日曜日で、混んでました。入場券を買おうとしましたが・・なんと今日は、無料でした。
 
ラッキーでした。ボディチェックが終わり・・定番ですが、行列に・・30分くらいで見れましたが・・
 
そこで・・ハプニングが・・並んでいる時に、車椅子の方が私たちの前に・・かわいそうにと・・
 
ミヤヒロちゃんの悪い癖・・ついつい、面倒を見るのです(当たり前ですが)しかし混んでいるために
 
3階の狭くなるところで、前に並んでいる日本人の男の人の足に触れ(ちょっと触れたくらい)
 
その日本人が、後ろに振り向き・・その車椅子の女性に文句を言いました。
 
私は、不快な気持ちになり・・ついつい、その日本人に「車椅子の人に、どうしてそんな文句を・・」
 
ともっと大きな気持ちでと・・反論しました。彼は、団体で来てるからと訳の分からない言葉で、言い返しまし
 
た。「弱い人を、助けない日本人がいるのは、日本人の恥ですと」言ってしまいました。
 
すると、彼は・・バツの悪そうに何も言いませんでした。
 
すると、車椅子の台湾の女性が・・感激され・・私に、英語で素晴らしい日本人ですと・・名刺を渡されました。
 
私は、当たり前のことで・・精一杯の英語で「ノープロブラム」と受け取るのを固辞しましたが・・
 
今度、台北に来た時に是非会いたいと・・名刺を頂き、メモで私の名前を渡しました。
 
聞くところによると、ラジオのアナウンサーとのこと・・Tina shin さんと云う人でした。
 
富山のアナウンサーの知人に紹介しましょう。
 
出てきてから、またまた、埼玉の若い女性と会話・・これからバスで九份に行くとのこと・・
 
彼女らも、また私たちと同じで・・気ままに旅行をしていました。
 
私たちは、新光三越で・・お茶しました。春水堂で・・表参道の人気店・・
 
 

↑このページのトップヘ