タグ:アドバイス

世の中には、やはりモテる人とモテない人が必然的にいるのです。
 
今日も、ゴルフで・・会話をしていると・・悪意の取り方と発言がしている人と回りました。
 
この人は、最近・・あまり良い評判を聞かず・・ついつい・・アドバイスをしてしまいました。
 
大体、会話をしていると・・悪意で解釈をする人が多いが・・そいゆう人の職業は、建設業が多い。
 
大体の人は、会社や権力の冠で人を評価してますが・・浅い人は、ここで評価している。
 
しかし、深い人は・・冠ではなくて、人間性で評価している。打算ではなく人として会話している。
 
今日は、商工会議所の議員と若手の懇親ゴルフですが・・人間性の腹の底を見て、人の浅さや深さを
 
知るミヤヒロちゃんでした。
 
男と女も・・打算で付き合う人、心から付き合う人・・お互い相手の事を第一に考えることが大事だし
 
別れ際も・・きれいに分かれる人と、中途半端に分かれる人、騙して分かれる人色々居ますが・・
 
相手の事を思うのなら・・きれいに別れましょう!!!

見合い結婚と恋愛結婚は、戦後の昭和40年に交差する。
 
昭和40年以前は、見合い結婚の方が多かった。
 
これは、戦後の憲法で自由な結婚が認められた・・。
 
しかし、世間はまだ実質的には見合いが・・親が決めた結婚が多かった。
 
しかし、高度成長期の経済の成長から、若い世代の収入の安定から親に頼らないで・・
 
自立する若者が多くなり、またテレビの普及と歌謡曲(お嫁においで・・瀬戸の花嫁)の影響
 
これにより、団塊の世代が青春期を・・昭和47年がピークか・・
 
しかし、これも昭和60年の男女雇用均等法で・・女性の生活に余裕が出て・・婚活しなくても良い環境が・・
 
晩婚と草食系男子やパソコン依存が・・一人で生活しても不自由の無い世界に・・
 
良いか悪いのかは・・10年後の日本に・・私は、悲観的だが・・。

奈良時代の婚活を・・紹介してる番組です。
 
歌垣から共寝・・結婚・・通い婚(3ヶ月の性愛婚が続くと結婚)
 
男性が女性の実家に通う(夜のみ)形であったらしい。
 
昔は、コミニケーションの手段が歌・・文字のみでしたから・・。
 
現代の青年の未婚率は高いみたいです。
 
今は、一人で生活しても何ら不自由が無い世界になったせいかも。
 
例えば・・食事、洗濯、掃除が手軽にできる世の中に・・
 
インスタントに何でもできるし、手に入る世の中に・・便利になりすぎたのかも。
 
ましてや・・自宅で、何でも出来・・個室で世界を動かすこともできる世界になってきた。
 
ボタン一つで、何でも出来る・・良いことも悪いことも・・良いんでしょうか????

↑このページのトップヘ